転職活動を計画的に行い成功する方法

計画をしっかりと立てる

 転職を成功させるためには、「思いつき」で行動してはいけません。必ず詳細な転職プランを立てたうえで計画的に転職活動を行っていく事が大切です。転職を考え始めた段階で漠然とでも構いませんので、いつ頃までに転職を完了させるのかを計画してください。

 

 そこから逆算して、仕事の引継ぎはどの程度かかるのか、退職届を出す時期、いつまでに仕事を決めれば良いのかなどを計画していきます。必ず必要な事を整理するために必要な期間を冷静に判断し、余裕を持ったプランを計画することが大切です。

 

転職の目的を整理する

 転職活動を本格化する前に、もう一度「本当に転職が必要か」を考えてください。何を理由に転職を希望しているのかを冷静に考えることは、転職の必要性を判断するうえでも大切ですが、それによって次に選ぶべき職種や環境を決めるためにも非常に重要になってきます。

 

 現状に不満があって転職をするとして、「何に対して」不満があるのかをしっかりと整理し、その問題を解決するためにはどうする必要があるのかを考えなければ、転職先でも同様の不満を抱えてしまう危険性があります。せっかく転職をするのですから、広い意味でキャリアアップできなければ意味がありません。

 

 

参考サイト
中高年転職ガイド
中高年が転職を成功するための道筋